>

誰を招待すれば良いのか

カップルで人数を合わせる

新郎が呼んだゲストが多くて、新婦の呼んだゲストが少ないという結果にならないよう、何人ぐらいを招待するのか前もって決めてください。
そして新婦側のゲストはきちんと新婦が判断しましょう。
ゲストが多いと、もてなすので大変になりますし費用も高額になります。
様々な負担を削減したいなら、招待する人数を減らしても良いでしょう。

本当に仲の良い親戚と友人だけなら、リラックスした結婚式になります。
仕事の付き合いだけになる上司などがいるとストレスに感じるかもしれません。
おめでたい日なのに、ストレスで嫌な気分になったら最悪ですよね。
そのためゲストも適当に決めないで、よく吟味してください。
コストを削減をするなら海外ウエディングという方法もあります。

海外ウエディングのメリット

ハワイなど、海外で結婚式を挙げるカップルも増えています。
すると、招待する人が少なくて済みます。
会社の上司が自分も参加したいと言っても、海外で挙式することを理由にすれば諦めてくれるでしょう。
式と簡単な披露宴しか行わないので費用削減に効果的です。
予算が少ないことを気にしているカップルは、海外ウエディングを選択しましょう。

新郎が海外ウエディングのメリットを知らない可能性があります。
結婚式の話し合いをする時に新婦が教えてください。
具体的に説明すれば、新郎も理解できるでしょう。
海外ウエディングは数回の話し合いで良いので、忙しくて時間を確保しにくいカップルにも向いています。
メリットがたくさんあるということをわかってもらいましょう。


この記事をシェアする